海外旅行保険の基礎知識

保険の種類や詳細

海外旅行保険の種類

保険の種類に関してですが、補償される内容によって種類が異なります。

海外旅行中に死亡した場合でも、2つ種類があります。
怪我によって亡くなった場合と、病気によって亡くなった場合の2種類あります。
細かいところですが、怪我と病気の違いによって、保険が適応できるかどうか違ってくるので、気を付けておきましょう。

傷害後後遺症という、旅行中の怪我で障害が残ってしまった場合に適応するという保険もあります。
ほかにも、旅行中に怪我や病気にかかり治療している場合、また旅行先で入院が必要になった場合の入院一時金などの補償、物や公共物などを壊してしまった場合に適応する保険など、様々な種類があります。

これらの保険の補償内容を組み合わせて、保険を選ぶようにしましょう。

保険の相場

海外で怪我や病気になってしまった場合の治療費や医療費、入院費などに対しての補償額は実際いくらぐらい必要なのかご存知ですか。
旅行先にもよりますが、数10万円、または数100万円などの被害に合う場合もあります。
特に、ヨーロッパやアメリカなどは、日本に比べると医療費がとても高いです。
アメリカで、手術を受けなければならない人の例で、200万円以上の治療費を請求されたという方もいるようです。

これらを参考にすると、やはり500万円は補償されるという保険に入っておくと心配ないかなという気もします。
500万円の補償がついている保険ですと、相場で約2万円ほどの保険になります。
500万円補償でも不安だと感じる人は、補償される医療費が無制限という保険もあります。

自分は絶対大丈夫、と思っていても本当に何が起こるかわかりません。
万が一の事を想定し、自分に合った保険に加入するようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る