海外旅行保険の基礎知識

海外に行く前に準備しておくと良い物とは

海外旅行保険とは何なのか

海外旅行保険とは、海外に旅行中に病気や怪我、事故などをおこした場合や、入院などで急に高額の出費があった時などに備える事が出来る保険です。

この保険は、旅行窓口で販売していたり、インターネット、空港などでの自動販売機などでも販売されています。
身近に保険を買えるのですが、様々な種類があるので、自分の状況にあった保険をしっかりと吟味して購入、加入するようにしましょう。

よくある話で、クレジットカードに海外旅行保険がついているから、加入しなくても大丈夫だ。
という話ですが、クレジットカードについている保険は、保証される金額が少額であり、何かあった時に自己負担する額が高ければ、あまり意味が無いでしょう。

絶対に旅行中に怪我も事故も起こさないから、保険は加入しない。
という人もいるかもしれませんが、実際、何が起こるか分からないのが旅行です。
自分のため、一緒に旅行する人のためにも、必ず加入しておきましょう。

加入条件

加入する時の条件ですが、他の保険とだいたい似ています。

まず、健康上の異常がある場合は加入できません。
海外旅行保険だけではなく、普通の傷病などを保証するタイプの保険には、加入する者の健康状態を把握するために、告知義務というのを設けています。
健康上に問題があるという判断をされた場合は、保険に加入する事が出来ません。
怪我や病気を治療中という方も、加入出来ない場合がありますが、保険会社の審査基準によるので、加入できるケースもあります。

旅先で、危険度の高いスポーツをする場合なども、加入出来ない場合があります。
例えば、ロッククライミング、ボブスレー、スケルトン、などが該当します。
これらのスポーツだけではなく、危険だと判断されるスポーツをするとなると、保険に加入出来ない場合があるので、注意してください。

あと、旅行先の治安が悪い、戦争中である場合なども、加入出来ない場合があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る